佐賀糖尿病療養指導士になるためには NEW!

佐賀糖尿病療養指導士の資格を得るためのプロセス

1.受験資格の確認(平成30年度申請の場合)

以下の全ての項目を満たしていることが必要です。

(各年度の募集要項で申請資格を必ずご確認ください)

 

  1. •医療職としての経験が3年以上(申し込み締め切り日の時点)
  2.   医師、歯科医師、薬剤師、保健師、看護師、准看護師、管理栄養士、栄養士、歯科衛生士、

     

      臨床検査技師、理学療法士、作業療法士、健康運動指導士、

      社会福祉士、介護福祉士、介護支援専門員

    •糖尿病患者の療養支援の経験が1年以上
    •日本糖尿病協会の友の会員もしくは本部会員
    •佐賀糖尿病療養指導士会認定の研修単位が過去3年間(締め切り日から過去に遡って3年間)で10単位以上であること(医師、歯科医師は別途規定あり)

    ※単位が取得できる研修会等は、研修会案内のページでご確認下さい。

 

2.研修会の申込(締め切りは例年3月1日~3月31日)。

  1. 2月上旬に、ホームページから募集要項を入手する。

     

     

    例年2月上旬頃までにに研修者の募集について,佐賀県内の医師会や薬剤師会,看護協会,栄養士協会など,また200床以上の病院の施設長や看護部へ案内をしています。

     

  2. 必要書類を揃え、申請する。

     

     

     

3.佐賀県糖尿病療養指導士認定委員会による受講者の最終決定(50名程度)

受講の可否については5月頃に郵送でお知らせします。

 

4.研修会受講

研修会は,1回/年(6月~8月,3日間の全カリキュラムの受講が必要)に開催される。

 

5.佐賀県糖尿病療養指導士委員会認定試験

試験日:例年9月 試験内容:筆記,面接

 

祝!合格! おめでとうございます。これであなたも糖尿病療養指導士です!

▲上へ戻る