先進総合機能回復センター

概要

 リハビリテーション部は佐賀医科大学附属病院が開院となった昭和56年11月6日に骨・関節外来の1室を利用して院内措置特殊診療部門リハビリテーション部として診療が開始されました。
 昭和57年10月13日にリハビリテーション専門外来として外来診療を開始し、平成13年4月1日にリハビリテーション部として新設、平成14年11月にリハビリテーション科の標榜が許可され、平成22年6月に先進総合機能回復センターとして組織替えがなされました。
 現在、入院のリハビリを中心に業務を行っており、診察は主に月曜日から金曜日の午前中、リハビリテーション治療は月曜日から金曜日の毎日で、木曜日の午後にリハビリテーションケースカンファレンスをはじめとしたカンファレンスを設け患者様の現状を検討する機会を設けています。

取り扱っている主な疾患

脳血管等疾患(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、脳腫瘍など)、神経筋疾患(パーキンソン病、多発性硬化症、筋委縮性側索硬化症など)、脊髄疾患(脊髄損傷など)、骨関節疾患(関節リウマチ、変形性関節症、骨折、内反足、外反偏平足、股関節開排制限など)、小児疾患(脳性麻痺、先天奇形など)、切断、呼吸・循環器疾患(慢性閉塞性肺疾患、呼吸不全など)、その他(悪性腫瘍、廃用症候群、高次脳機能障害など)年間の疾患別患者数(/月)@脳卒中その他脳疾患、脳外傷1002人、A脊髄損傷とその他脊髄疾患55人、Bリウマチを含む骨関節疾患1580人、C脳性麻痺を含む小児疾患33人、D神経筋疾患245人、E切断58人、F呼吸・循環器疾患487人、その他61人(H22年データ)

特色

 院内での横断的チームの一員としては、脳卒中診療班、糖尿病教室、マンマカンファレンス、緩和ケアチーム、福祉用具・住宅相談業務、NST、心臓リハビリテーションなどに関わっています。
 また治療の1つとして、患者さんに最も適した義肢や装具、自助具、車いすなどの歩行補助具、福祉機器の処方・作製も行っています。中でも上肢の切断者に対する筋電義手への取り組みや地域リハビリテーションの一環として、コミュニケーション支援の必要な筋委縮性側索硬化症や家屋改造などが必要な重度関節リウマチなどに対しての住宅支援にも努めています。
 H19より、高次機能障害の拠点病院としての活動も開始しました。

取得した認定学会名

日本リハビリテーション医学会

取得している各専門医・指導医の数

専門医・指導医 人数
リハビリテーション科研修施設指導責任者 1名
リハビリテーション専門医 2名
リハビリテーション科認定医 1名
整形外科専門医 1名
リウマチ科専門医 1名
神経内科専門医 1名
脳卒中専門医 1名
内科認定医 2名
急性期病棟におけるリハビリテーション医師研修会修了者 2名
嚥下機能評価研修会修了者 2名
難病指定医 2名
小児慢性特定疾病指定医 1名
日本医療機能評価機構産科医療保証制度診断協力医 1名
がんのリハビリテーションセミナー修了者 2名
佐賀大学医学部附属病院
〒849-8501 佐賀市鍋島五丁目1番1号
TEL : 0952(31)6511(代表)/ 0952(34)3157(時間外)