がんセンター

概要

 がんセンターとは、がんの診療および研究を専門的に行っている施設です。 佐賀大学医学部附属病院は佐賀県のがん拠点病院と指定されており、がんセンターはその中心として、 佐賀県におけるがん医療の中核施設として、質の高い医療の提供、地域の医療機関や住民への情報発信、 がん専門医の育成などの役割を担っています。

取り扱っている主な疾患

全ての「がん」の療法に対応しています。

特色

がんを克服するためには、患者さん自身と家族の方々、そして医療スタッフがタッグを組み全力で 取り組まなければなりません。がんセンターは、私たち医療スタッフが診断から治療、さらに緩和医療や気持ちの問題、 社会的経済的側面についても連携をとることを目的に、がんの診療に携わる全ての診療科、看護部、薬剤部、検査部、 その他コメディカルスタッフが一緒になり運営しています。
現在まだがんセンターとして独立した建物はありませんが、外来化学療法室の運営、プロトコール委員会との連携、キャンサーボード(がんの診療に関して複数の診療科が合同で行なう検討会)、 高度先進医療についての情報交換、がん治療勉強会など様々なテーマについての活動を行っています。
がん患者さんにただ個別のがんを治療するだけでなく、全人的な医療を提供できるように心がけています。

佐賀大学医学部附属病院は、佐賀県の推薦を受け、平成22年3月3日に厚生労働省から、都道府県がん拠点病院の指定を受けました。

取得している各専門医・指導医の数

専門医・指導医 人数
日本臨床腫瘍学会 がん薬物治療専門医 5名
日本血液学会認定血液専門医 7名
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医 22名
佐賀大学医学部附属病院
〒849-8501 佐賀市鍋島五丁目1番1号
TEL : 0952(31)6511(代表)/ 0952(34)3157(時間外)