心臓血管外科

概要

心臓血管外科は冠動脈バイパス術や弁膜症などの心臓手術と大動脈や末梢血管の手術を行っています。冠動脈バイパス術は狭心症などの患者さんで心臓を養う冠動脈に狭いところや詰まったところをカテーテルで広げることができないときに行う手術です。弁膜症の手術は心臓弁が狭くなったり(狭窄)、弁の逆流(閉鎖不全)が起こって心不全(息切れ)や胸痛がおこってきた方に行います。人工弁で弁を交換する手術(人工弁置換術)や弁を修繕する手術(弁形成術)を行っています。
大動脈の手術は大動脈瘤(大動脈の直径が部分的に病的に大きくなる疾患)や大動脈解離(大動脈の壁が縦にさける疾患)に対して行われます。病変に陥った大動脈を人工血管に換える手術(人工血管置換術)が行われています。末梢血管は主に下肢の動脈の閉塞や狭窄に対してバイパスすることを行っています。
急性に発症した大動脈解離や不安定狭心症などに対しては緊急の施術が必要になることも多いいのですが、当科では心臓血管外科の緊急症例に対して100%対応しています。

取り扱っている主な疾患

虚血性心臓病
 (狭心症、心筋梗塞)
心臓弁膜症
 (大動脈弁狭窄症、大動脈弁閉鎖不全症、僧帽弁狭窄症、僧帽弁閉鎖不全症)
大動脈疾患
 (胸部大動脈、腹部大動脈瘤、急性大動脈解離)
末梢動脈疾患
 (閉塞性動脈硬化症)
不整脈(心房細動)、慢性心不全

特色

 心臓病を治療する循環器内科と緊密な連携をとりながら、成人の心臓血管外科のすべての分野にわたって最新、最善の治療を行っています。とくに弁膜症の手術に関してはできるだけ自己の心臓弁を温存する僧帽弁形成術や大動脈弁を温存する大動脈基部置換術などを積極的に行っています。大動脈瘤に対する手術も数多く行っています。大動脈手術の合併症として問題になっていた脳卒中や下半身まひを防ぐための新しいい方法を取り入れ最近では安全に手術が行えるようになりました。冠動脈バイパス術は心臓を止めずにバイパス術を行うオフポンプ手術を積極的に行っています。また今後は重症の心不全に対する外科手術(左室形成術)も適応を選んで行う方針です。

取得した認定学会名

日本心臓血管外科専門医認定機構基幹施設
日本胸部外科学会認定施設
日本外科学会修練施設
植込型補助人工心臓実施施設
下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術実施施設
胸部ステントグラフト実施施設
腹部ステントグラフト実施施設
経カテーテル的大動脈弁置換術実施施設

取得している各専門医・指導医の数

専門医・指導医 人数
日本外科学会認定医 5名
日本外科学会専門医 7名
日本外科学会指導医 1名
日本胸部外科学会認定医 2名
日本胸部外科学会指導医 2名
日本心臓血管外科学会専門医 7名
日本心臓血管外科学会修練指導者 3名
日本循環器学会専門医 5名
植込み型補助人工心臓実施医 1名
日本移植学会移植認定医 1名
胸部ステントグラフト実施医 1名
胸部ステントグラフト指導医 1名
腹部ステントグラフト実施医 1名
腹部ステントグラフト指導医 1名
佐賀大学医学部附属病院
〒849-8501 佐賀市鍋島五丁目1番1号
TEL : 0952(31)6511(代表)/ 0952(34)3157(時間外)