整形外科

概要

 運動器を構成するすべての組織、つまり骨、軟骨、筋、靭帯、神経などの疾病・外傷を対象とし、その病態の解明と治療法の開発および診療を行う専門領域です。
 その対象は脊椎(脊柱)・脊髄、骨盤、上肢(肩、肘、手手指)、下肢(股、膝、足、足指)など広範囲に及びます。新生児、小児、学童から成人、高齢者まですべての年齢層が対象となり、その内容は多様で治療の必要な患者数が極めて多いのが整形外科の特徴です。
 直接生命にかかわる疾患や外傷を対象にすることは少ない科ですが、人間の基本的な運動機能である立つ、歩く、物を持つなどを通して、患者さんの生活の質(QualityofLife;QOL)の維持と獲得に欠かせない科です。

取り扱っている主な疾患

 整形外科診療の対象となる疾患は多岐にわたります。その中、で佐賀大学整形外科は股関節と膝関節に特化した診療を行っています。
 特に、股関節外科分野では国内トップレベルの症例数となっています。
 そのため、患者様は佐賀県外からの方が半数を超えています。他院では「治療困難」とされている難治症例を数多く手掛けており、良好な手術成績を残しています。
 特に、高位脱臼股症例や強直股症例(股関節が固定されている)に関しては豊富な症例数と良好な診療実績を残しています。

特色

 佐賀大学整形外科教室のモットーは「思いやりのある効率的で質の高い医療を理念とし、そのための教育と研究を行う。」ことです。
 この理念の実現のために、年具体的なテーマを設けて教室を運営しております。
 臨床の場で問題となるテーマについて、最新のそして長期的な研究に取り組んでいます。さらに、病因や病態の研究から新しい予防法や治療法の開発をめざして、基礎医学的研究も積極的に進めています。
 卒前、卒後を通して医学や医療は最終的には患者さんのためであることを強調しています。基本的には「良い医者」を育てることが教育の目標です。
 そのためには単に知識のみでなく、良識と見識をも高めることが 重要と考えています。

取得した認定学会名

日本整形外科学会認定専門医研修施設

取得している各専門医・指導医の数

専門医・指導医 人数
日本整形外科専門医 13名
日本整形外科学会リウマチ専門医 2名
日本整形外科スポーツ専門医 2名
日本体育協会スポーツ専門医 3名
日本手の外科学会専門医 1名
日本脊椎脊髄病医 3名
日本脊椎脊髄外科指導医 2名
佐賀大学医学部附属病院
〒849-8501 佐賀市鍋島五丁目1番1号
TEL : 0952(31)6511(代表)/ 0952(34)3157(時間外)