リハビリテーション部

概要

 リハビリテーション科診療は、佐賀医科大学附属病院が開院となった昭和56年11月6日に骨・関節外来の1室を利用して院内措置特殊診療部門リハビリテーション部として開始された中で診療をスタートし、昭和57年10月13日にはリハビリテーション専門外来としての外来診療の開始、平成13年4月1日には新設せれたリハビリテーション部としての診療となり、平成14年11月にリハビリテーション科の標榜が許可されるに至っています。
 現在リハビリテーション科医師は外来診療及び外来・入院のリハビリ診療業務を行っています。
 診察は主に月曜日から金曜日の午前中、リハビリテーション治療は月曜日から金曜日の毎日で、木曜日の午後にリハビリテーションケースカンファレンスを設け患者様の現状を検討する機会を設けています。
 対象疾患は以下にありますが、どんな小さなことでも結構ですのでお気軽にご相談下さい。

取り扱っている主な疾患

 リハビリテーション科は小児から高齢者まで、また、脳・神経・筋疾患から運動器・整形外科疾患・嚥下障害・膠原病・呼吸器・心臓血管・悪性腫瘍など多くの疾患に対して、疾患・障害そのものの治療から家庭・社会復帰への支援まで行なう診療科です。また、たとえ障害が残っても様々な手段を用いて最大限に患者さんのQOLを高める支援も行うところが特徴的です。
 当科では、さまざまな分野の専門知識や技術を用いて、脳卒中および脳疾患、高次脳機能障害、脊髄損傷および脊髄疾患、骨関節疾患(関節リウマチ等を含む)、小児疾患、神経筋疾患、切断、呼吸循環器疾患などのリハビリテーション医療に必要な診断や治療、診断書作成、社会資源情報の提供などを行っています。
 リハビリテーション科医師は、日本リハビリテーション医学会指導責任者、リハビリテーション科専門医、リウマチ専門医、整形外科専門医、補装具判定医、がんのリハビリテーションセミナー修了者、呼吸・循環器疾患リハビリテーション研修会修了者などの資格を持っており、専門的に他診療科とも積極的に連携をとりながら行っています。

特色

 日本リハビリテーション医学会の学会施設認定を受け、リハビリテーション専門医育成にも力を入れながら、リハビリテーション医療に取り組んでいます。特に、下記については積極的な対応を行っています。
●HAL(Hybrid Assistive Limb)という体に装着することができる世界初のサイボーグ型ロボットを導入しました。これは、装着者の皮膚表面に貼り付けられたセンサで筋電信号を読み取り、その信号を基にパワーユニットを制御して、装着者の筋肉の動きと一体的に関節を動かすものです。これにより、両側下肢麻痺の方も起立・歩行訓練が可能となります。
●義肢装具療法については、最新の知識を持ちながら、小児から成人までの多くの疾患にこの義肢装具療法を行っています。中でも、まだ訓練できる施設が多くはない筋電義手については、成人のみならず小児例にも対応可能です。また最近は、ボトックス治療を併用した装具療法も開始しています。
●高次脳機能障害に関しては、佐賀県の拠点機関としての活動を平成19年度より開始し、評価・診断・手帳作成などを行っていますが、平成23年度より高次脳機能障害支援コーデイネータ‐が配置され、社会復帰(職場復帰の調整、就業支援など)の支援内容が充実してきました。
●摂食・嚥下障害に対しては、評価を行なった上で、適切な食形態の指導ができるようになりました。
●自宅復帰に対しての家屋調査・家屋改修指導・車いす処方作製なども、医学部附属地域医療科学教育センター福祉健康科学部門(社会生活行動支援)松尾研究室と協力しながら、積極的に行っています。

取得した認定学会名

日本リハビリテーション医学会

取得している各専門医・指導医の数

専門医・指導医 人数
リハビリテーション科研修施設指導責任者 1名
リハビリテーション科専門医 1名
リハビリテーション科臨床認定医 1名
整形外科専門医 1名
リウマチ科専門医 1名
義肢装具判定医 3名
がんのリハビリテーションセミナー修了者 3名
呼吸・循環器疾患リハビリテーション研修会修了者 1名
佐賀大学医学部附属病院
〒849-8501 佐賀市鍋島五丁目1番1号
TEL : 0952(31)6511(代表)/ 0952(34)3157(時間外)