材料部

概要

 材料部(Central Service Department,CSD)は、患者様に最良の医療・看護が正確、安全、迅速に提供されるよう医療機器を中央管理し、臨床現場の必要な場面に応じて安全で質の良い滅菌および消毒済み医療機器を提供することを目的としています。
 つまり、材料部とは臨床現場で使用される再使用医療機器の再生処理を行い、滅菌保証に関する責務と説明責任を負う部門であります。
 主な活動内容は、臨床現場で使用された医療機器を回収し、仕分け、分解、洗浄、消毒、検品、組立、梱包、滅菌、保管、そして供給を行います。
 その他には、物流サービスの一環として衛生材料やシングルユース器具の供給も行っています。  また、これらの実務のほかに研究活動も活発に行っており、理工学部やMEセンターと共同研究を行い、日本医療機器学会や医材滅菌研究会などで発表しています。
 私たち材料部スタッフは、直接患者様と接する機会はありませんが、臨床現場で使用される「再使用医療機器の再生処理は医療の根幹を支える行為である」という確固たる信念に基づき、これらの品質を恒久的に保証するためのシステムを確立し、院内感染防止ならびに医療安全のために日々の業務を遂行しております。

取り扱っている主な医療機器

材料部で取り扱っている医療機器は以下の通りです。
1.医療器材・・・317品目
2.医療材料・・・89品目
3.滅菌依頼・・・115品目
4.手術器械・・・一般器器械、整形外科用手術器械、脳外科用手術器械

特色

1.洗浄・除染・滅菌・システム
 再使用医療機器の構造、材質および使用用途に合わせて以下の装置を選択し、安全で確実な医療機器の再生処理を行います。
 洗浄・除染・乾燥装置・・・多槽式洗浄・除染・乾燥装置2台、単槽式洗浄・除染・乾燥装置2台、呼吸器回路洗浄・除菌装置1台、卓上型超音波洗浄装置1台。
 滅菌装置・・・高圧蒸気滅菌装置4台、酸化エチレンガス滅菌装置1台、過酸化水素低温ガスプラズマ滅菌装置1台。

2.洗浄・滅菌集中監視システム
 本システムは、多槽式洗浄・除染・乾燥装置、高圧蒸気滅菌装置、酸化エチレンガス滅菌装置の運転工程を遠隔監視できる装置です。
 運転工程を随時確認できる場所に設置しており、工程の異常や装置の故障を早期に発見し迅速な対応、処置を行います。

取得した認定学会名

日本医療機器学会

取得している各専門医・指導医の数

資格 人数
第一種滅菌技師 2名
第一種圧力容器取扱作業主任者 2名
特定科学物質等作業主任者 1名
佐賀大学医学部附属病院
〒849-8501 佐賀市鍋島五丁目1番1号
TEL : 0952(31)6511(代表)/ 0952(34)3157(時間外)