診療案内

検査・治療

循環器部門の検査

循環器部門の治療

心臓カテーテル検査

心臓カテーテル治療のページに検査中の写真を載せていますので、あわせてご覧ください。
麻酔は局所麻酔(痛み止めの注射)で行います
左右冠状上静脈の走行

  1. 通常は右の手首、腕、もしくは腿の付け根を刺して、検査中は細い管を血管内に刺したままにしておきますが、患者さんの血管その他の状態によっては、左から検査することもあります。狭心症の患者さんで冠動脈(心臓の筋肉に栄養を送っている血管)だけの検査を行う患者さんは、動脈だけに管をいれますが、心臓の機能を詳しく調べる必要のある患者さんや、検査中に脈が非常に遅くなる可能性のある方などは静脈のほうにも管を入れる事があります。
  2. 冠動脈造影という検査は大動脈の付け根のところにある右と左それぞれの冠動脈の入口まで検査用のカテーテルと呼ばれる細い管を進めていき、そこから、造影剤というお薬を流して、冠動脈を写してみます。このときに、血管の重なりによる見落としを避けるため、いくつか方向を変えて撮影します。
  3. 患者さんによっては冠動脈造影以外に次のような検査が加わることがあります。
    • 左心室造影(心臓の4つの部屋のうち、全身に血液を送り出す働きをしている部屋の中に造影剤を流し、大きさや動き、血液の逆流などをみます)
    • 大動脈造影
    • 右心カテーテル(心臓の中や肺動脈の中に管を入れて、心臓の働きをみます)
    • アセチルコリン負荷(冠動脈に、アセチルコリンというお薬を入れてみて、血管収縮(狭心症発作)を誘発します)
    • 心筋生検(心臓の筋肉の病気が疑われる患者さんで、右と左の心室の間にある壁からゴマ粒くらいの筋肉をとって、顕微鏡でみる検査に出します)
検査の危険性について

心臓カテーテル検査については、心臓や血管に管を入れて造影剤を使うという特殊な検査のため、いくつかの合併症の危険性があります。その主なものは

  1. 出血
  2. 感染
  3. 血管損傷
  4. 血栓・塞栓症
  5. 狭心症発作/心筋梗塞
  6. 不整脈
  7. 一時的な血圧低下
  8. 薬物アレルギー
  9. 腎障害

などです。
このうち、生命に危険が及んだり、脳梗塞など後遺症がのこる合併症の発生は数千件に一人といわれています。検査は専門の医師が行い、利点の方が危険性の可能性よりも高いと考える場合に、検査をお勧めしています。

冠動脈に狭窄があった場合

狭心症の治療法には、

  1. 薬物療法
  2. カテーテルを用いた内科的治療
  3. バイパス手術

がありますが、狭い冠動脈が1あるいは2本で、その程度が強い場合は現在では2)のカテーテルを用いた治療を引き続いて行うことが多くなっています。

当院では

  • PTCA(狭くなった血管を風船で内側からふくらませる)
  • ステント(風船の上に金属製の筒がついているものをふくらませ、筒のみを血管のなかに残しておく)
  • ロータブレーター(血管内狭窄部を削る)

などを行っています。成功率は血管により50-95%です。ただし、この治療法には、急性(亜急性)冠動脈閉塞から急性心筋梗塞をおこしてします合併症の危険性が1%以下ですが、あります。

また、PTCAで30-40%、ステントで5-20%台の確率で6ヶ月以内に治療した血管がもう一度狭くなってします場合があり、その有無の確認のため、もう一度入院して、冠動脈造影を受けていただく必要があります。

お薬による治療でよいと思われる方や、バイパス手術が必要な方は当日は検査のみで終了します。

狭心症以外で検査を受けられる方は、当日は検査だけで終了する予定ですが、非常に狭い血管があれば、その時にご本人・ご家族とご相談して治療をする場合もあります。

心臓電気生理学的検査(ヒス束心電図検査)
意義・目的

わかりやすく言えば心臓の電気系統をチェックする検査のことです。

ヒトの心臓は洞結節(発電所の役割)から電気が規則正しく発生することによって拍動します(正常は50~100/分)。電気は心臓の心房内を伝導し房室結節(変電所の役割)、ヒス束(太くまとまった電線)を経由して心室まで到達し、その結果心室が収縮します。一回の発電によって一回の心臓収縮が起こります。

災害時などで発電所や変電所、太くまとまった電線のどこで故障が生じても結果として停電が起こりますが、
心臓でも同じように洞結節-房室結節-ヒス束-心室のどの部位でも障害が発生すると、脈が止まったり遅くなったり(徐脈といい、洞停止、ブロックが原因です)、あるいは異常な電気が発生して脈が速くなったり(頻脈といいます)します。
ヒトの心臓
心臓電気生理学的検査はこれらの電気系統(刺激伝導系といいます)の障害部位や異常電気の発生部位を特定する検査をいいます。ヒス束は房室結節(変電所)に近く、
刺激伝導系の要所に位置します。よってヒス束の電気を調べることは検査に不可欠で、以前は心臓電気生理学的検査をヒス束心電図検査ともいっていました。

洞停止や伝導系のブロックの部位診断に有用な障害部位を診断することによって次の治療方針が決定できるので、臨床的不整脈診療では中心的検査となっています。

方法・手技

検査はレントゲン室(心臓カテーテル検査室)で行ないます。

洞結節-房室結節-ヒス束-心室の電気伝導障害を調べるためにまず、各部位の電気を記録することから始めます。記録部位として最低限3箇所(洞結節-房室結節-心室)が必要ですが、実際に電極を置けるのはこれら3箇所の付近の右心房高位、ヒス束、右心室部の3箇所です。大腿部近位(鼠径部といいます)を局所麻酔し静脈から電極付カテーテルという細い管(通常、直径1.3~2mm)を挿入します。

つぎに人工的に電気刺激を加えて発電・伝導の能力や障害の程度を調べます(洞停止やブロックの誘発)。また異常な電気が発生したり伝導するのかを調べます(不整脈の誘発)。
また、薬物(不整脈薬治療薬)に対する反応を調べて治療に有効かどうかを調べます。
薬物の効果が期待できないかたは人工ペースメーカや植え込み型徐細動器(電気ショック治療器)の植え込みが必要になりますが、この検査の結果が本当に植え込みが必要かどうかの有力な判断材料のひとつになります。

手技、検査時間は不整脈の種類や重症度で異なりますが、多くのかたで約1.5~3時間以内です。

安全性・合併症

穿孔(血管壁や心臓壁を突き破ること);レントゲンで電極付カテーテルと血管や心臓の位置関係を確認しながら操作し、またカテーテル先端が心臓壁に当たる場合は拍動が手元に伝わってきますので穿孔の危険性は非常に低くなります。万が一、穿孔の危険性が高い場合でも直前に胸・腹部の圧迫感や軽度の痛みを伴いますので、成人の場合は覚醒下で行なうため、事前に穿孔をほとんど予防できます。

320列CT(心臓編)

2013年4月より、320列CTを導入しました。

心臓編

今回導入された装置は、以前と比較して回転速度は二割以上高速化し、装置及び解析ソフトウェアが改良されております。これらの革新により、患者さんの被爆量・造影剤使用量を大幅に低減することが出来ると共に、心拍数が速く、これまで心臓CT検査には不向きで入院して頂き血管造影検査を必要とした患者さんに対しても、低侵襲で正確な診断を外来で行うことが出来るようになりました。

高齢化と生活習慣病の増加に伴い、狭心症や心筋梗塞等の動脈硬化を原因とする病気は今後も増加すると予測されています。心臓血管の治療法は確立されつつあり、心筋梗塞や狭心症などが発症する前の状態で病変を検出し、適切な治療を行うことで心機能を維持することが大きな課題となってきました。

日本では糖尿病の増加と共に合併する無症候性の狭心症や心筋梗塞が急増しております。本院では無症候の糖尿病患者さんに対して頸動脈エコー検査と心臓CT検査を組み合わせることで、早期発見・早期治療を目指す取り組みを続けており、新しい心臓CT検査の有効性が期待されます。

心臓カテーテル治療

虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)

当施設では、昨年約700例の心臓カテーテル検査と約260例のインターベンションを行っており、うち約20%は緊急CAGとなっています。常時循環器内科のスタッフが当直しているため、24時間、紹介患者・救急隊からの直接搬入にかかわらず、緊急CAG,PTCAを含め積極的に対応しており、その数は年々増加傾向にあります。

使用可能なデバイスとしては、通常のPTCA、ステント留置に加え、血栓吸引療法および末梢保護療法などを行い、また、血管内超音波法(IVUS)も活用しています。重症患者では、IABP,PCPSなどを挿入し、ICUスタッフと協力しながら循環器内科医が全身管理を行います。

一方、最近では検査後の安静による負担軽減のため、橈骨動脈からの検査も積極的に行っています。検査のみの患者さんは翌日退院とし、入院期間の短縮を図っています。

<心臓カテーテル検査数>     *2003年は6月までの検査数

グラフ

<心臓カテーテル検査数>    *2003年は6月までの検査数

  • <血管造影室>
  • <橈骨動脈からのCAG>
  • <検査終了後の圧迫止血>

カテーテルアブレーション(焼灼術)とは

意義・目的

心臓に異常な電気が発生したり、異常な電気の通り道があると発作的に脈が速くなることがあります。これを(発作性)頻拍症といい、原因の場所が心房内や心房と心室の間(房室接合部など)に存在した場合を発作性上室性頻拍症といいます。

この頻拍症の治療として一般的には抗不整脈薬が用いられます。薬の使い方として発作時に服用(頓服)して頻拍を止めたり、起こらないように予防的に常用する方法があります。しかしこの抗不整脈薬治療は、対症療法といって薬を服用しても根本的には不整脈は治ってはおらず、服薬を止めると再び起こります。カテーテルアブレーション
これに対しカテーテルアブレーション(焼灼術)は、原因の場所に特殊な電流を流しその部分だけ焼灼して再び不整脈が起こらないようにする治療法です。
この方法は、成功すれば根本的に異常な電気が起こらなくなることから、根治的治療法のひとつとされます。他に根本的な治療として外科的手術をしてなおすこともありますが、全身麻酔による開胸手術となり大掛かりとなります。

方法・手技

アブレーション(焼灼術)は局所麻酔下で専用カテーテルを血管を通して心臓に入れて行なうもので、焼灼術という名前がついていますが切開術などの手術ではなくカテーテルを手元で操作して行なう治療です。心臓の内側より焼灼しますが焼灼温度は50℃前後であり、1回の通電時間は1分前後です。1回のみの通電で成功しても再発予防のために追加して通電する場合もあり、平均して合計10回前後の通電を行ないますが、病気によってはそれ以上の通電を必要とすることもあります。通電中は軽い灼熱感を感じますが、通電が終了すると速やかに症状は感じなくなります。

全体の手技時間は、病気によっても異なりますが、多くの発作性上室性頻拍症は3時間以内に終わります。しかしこの頻拍症以外の不整脈(発作性心房粗細動や特発性心室頻拍など)もアブレーション(焼灼術)治療の対象となりますが、手技時間はやや延長する場合があります。

安全性・合併症

穿孔(血管壁や心臓壁を突き破ること);レントゲンでカテーテルと血管 や心臓の位置関係を確認しながら操作し、またカテーテル先端が心臓壁に当たる場合は拍動が手元に伝わってきますので穿孔の危険性は非常に低くなります。万が一、穿孔の危険性が高い場合でも直前に胸・腹部の圧迫感や軽度の痛みを伴いますので、成人の場合は覚醒下で行なうため、事前に穿孔をほとんど予防できます。

血栓;本方は心臓の内側を焼灼しますが、本来、心臓の内側は血液が充満していますので、焼灼跡に血液が固まって付着し血栓を作ります。この血栓が血流に乗って心臓の外に飛び体の一部(脳、肺、腸など)の血管に詰まってしまうことがあり、これを塞栓といいます。予防として焼灼範囲の縮小や手技時間の短縮に努め、血液凝固予防薬の投与や十分な点滴を行なうことがあげられ、発生の危険性を低くできます。

房室ブロック;不整脈の発生部位が、心臓本来の正常な電気の通り道に近接している場合は、アブレーション(焼灼術)はより慎重に行なわれます。とくに房室結節という心房からの電気を心室に伝えるいわば変電所の役割をするところに近接した場合の焼灼はブロックを起こす時があります。この場合、一時的にブロックをおこし後は後遺症なく戻ることもありますが、なかには回復せずに完全房室ブロックになる場合もあります。この状態だと脈が遅くなるために、人工ペースメーカを植え込む必要が出てきます。焼灼前に位置を十分に検討し、焼灼中に心電図を注意して観察し、焼灼後にブロックの有無の確認を早期に行なうことで危険性を十分に低くできます。

ペースメーカ植え込み術

ペースメーカとはわかりやすく言えば、病気できちんと拍動しなくなった心臓に電気刺激をあたえて拍動させる機械のことをいいます。
本体(電池とコンピューターからなり大きさは約35x45mm、厚さ6mm、重さは約40g前後です)と電線(電極リードといいます)からなっており、ペースメーカ植え込み術
本体は通常、胸の皮下に本体が十分入るくらいの空間(ペースメーカポケットといいます)をつくり収納し、電線は静脈内に挿入して心臓内に留置します。病気によっては電線を2本(右心房、右心室)入れます。
当院では手術は局所麻酔で、大部分のかたは約2~2.5時間以内で終わります。
入院期間は病気の程度とペースメーカの種類(電線の先端を心筋内にねじ込む場合は先端がはずれにくいので術後安静が短い)、年齢によって異なります(高齢のかたは術後の安静度拡大にやや時間をかけます)が 当院では平均10~14日前後です。

ペースメーカの寿命は、もともとの病気によって異なります。全く自分の心臓が拍動できない場合は、ペースメーカが100%電気を出さなければならないため電池消耗が早くなります。また心拍数の設定でも電池消耗が異なります。通常、約5年~7年のかたが多く、なかには10年以上長く持つ患者さんもいらっしゃいます。定期的(6ヶ月)に電池残量と電線のチェックが必要ですが、電池残量が少なくなってきたら専門医の指導のもとに1~3ヶ月毎のチェックが必要となります。当院では毎週第1月曜日と毎週木曜日にペースメーカ専門外来をおこなっています。

ペースメーカ電池交換はペースメーカポケットから本体を取り出し、電線をはずして新しい本体に取り付け、再びポケットに収納して終了します。患者さんによっては自分の心臓がうてないため、電線の付け替えの時間だけ、一時的に留置した別の電線で心臓をうたせますので心臓が止まることはありません。交換術は1~2時間で終了します。術後は翌日から歩行可能で、入院期間も約7~10日と新規植え込みより短縮されます。

当院では新規、交換植え込みの患者さんは毎年約50人いらっしゃいます。

植え込み型除細動器(ICD)植え込み術
意義・目的

植え込み型除細動器(以下ICDと略します)とは、病気のために突然心臓(心室)がけいれん(心室頻拍、心室細動という不整脈が原因です)を起こし、その結果、全身に血液を送ることができず、そのままだと死んでしまう(突然死する)患者さんに電気ショックを与えて、もとの心臓のリズムにもどして命を助ける医療機器です。

これらの致死的不整脈がいつ起こるかわからないので、このICDを患者さんの胸の皮下に植え込んでおき、常に心電図を観察させます。コンピューターが入っており、診断・治療についてあらかじめ命令しておけば、いざ不整脈が起こった時、電気ショックを与えて治療すべきか否かを、自動的に判断し必要であれば、電気ショックを与え治療します。

電気ショック治療後に数秒間心臓が打たない場合がありますが、植え込み型除細動器(ICD)植え込み術ICDはペースメーカ機能もついており自動的に心臓を打たせて正常なリズムへの橋渡しをします。ペースメーカに比べるとまだ大きく重いかもしれませんが縮小・軽量化が進んでいます。またICDは診断・治療経過を記憶しており、後で心電図として再生でき医療機関などでカルテに保存されます。
植え込みが必要かどうかについての条件は国内外の専門学会で指針(ガイドライン)を作成してあり、国が認可した植え込み施設基準をみたした施設で手術は受けられます。詳しくは循環器専門医にご相談ください。

方法・手技

初期のころの植え込みは、心臓外科領域で開胸して行なわれていましたが、現在は、機器の性能・サイズ縮小・軽量化のおかげで内科領域で行なわれるようになってきました。本体(電池とコンピューターからなります)と電線(電極リードといいます)からなっており、手技はちょうどペースメーカに似ています。局所麻酔下での小手術です。胸の皮下にポケットを作り本体を挿入しその付近の太い静脈より電線を入れ心臓にもって行きます。

手技は約2~2.5時間で終わりますが、終了前にICDが正常に作動するのかをテストします。これは患者さんに静脈麻酔をして眠った状態にして、人工的に心室頻拍や心室細動を誘発してICDが正しく認識して正常に電気ショックを与えて治療するのかをみるテストです。このテストに問題がなければ手術は終了します。心臓の状態や種々の条件でうまく作動しなくてもコンピューターへの命令を変更することで解決できますので問題はありません。

術後経過

術後の安静度や入院生活はペースメーカと同じです。ただ、術後7~10日頃にもう1回、退院前に安全性を確認するために不整脈の誘発とICD作動のテストを行ないます(病棟の部屋で行ないます)。静脈麻酔をして5分程度、眠った状態でおこないます。これで問題なければ数日後に退院となります。

退院後とICD外来

外出時は、病名と作動設定を記入した手帳(ICD手帳)を常に携帯しておけば安心です。
また、ICDは電気機器ですので時々チェックが必要です。通常、3ヶ月毎にされる場合が一般的ですが、作動したり何か症状や異常があれば、早い時期にチェックが必要となります。

院では毎月第1と2木曜日にICD外来を行なっています。

ICDはコンピューターが内臓されており電磁波の影響を受ける場合があります。電磁調理器、低周波治療器、携帯電話などを近くで扱う際に影響をうけることがあると報告されています。詳しくは専門医にご相談ください。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

2012年7月より、睡眠時無呼吸症候群(SAS)外来を開設しました。

睡眠時無呼吸症候群は、日本では全人口の男性3.3%、女性0.5%が罹患していると言われ、決して珍しい病気ではありません。平成15年2月のJR山陽新幹線での居眠り運転事故でマスコミに取り上げられて以来、医療関係者だけでなく一般の方々の関心も高くなって来ました。この病気は、夜間の呼吸障害(息が止まる、イビキがうるさい)と云っただけではなく、将来的には高血圧症、脳卒中、メタボリック症候群、心臓病などを引き起こす怖い病気であることが明らかになって来ました。

循環器内科では、多くの高血圧症や脂質異常症などメタボリック症候群患者の診療を行なってきた経緯もあり、積極的に検査を行って来ました。

そこで、佐賀大学医学部附属病院循環器内科では、本年7月から毎週水曜日午前中に睡眠時無呼吸外来を開設し診療を行なっています。現在、尾山講師を中心として、兒玉医師、長友医師の3名で診療に当たっています。

検査及び治療の流れですが、まず外来を受診していただくと、夜間に呼吸障害があるかどうかを調べる機器を貸し出して検査を行います(簡易検査)。その検査結果で異常が認められると、入院して1泊2日の精密検査を行い、確定診断に至ります。

治療としては重症の場合は持続陽圧呼吸(CPAP)用のマスクを装着して夜間就寝して頂きます。最初は機械に慣れることが必要ですが、多くの患者さんは問題なく使用できます。軽症の場合は、口腔内装具(マウスピース)を作成し就寝時に使用して頂きます。この病気は多くの患者さんで肥満傾向を認めますので、体重の是正だけでも症状が改善します。

生活習慣も含め診療にあたって参りますので、お気軽に相談下さい。

事前に予約していただくと待ち時間も短くなりますので、受診を希望される患者さんがおられましたら、ご連絡下さい。

ページTOPへ