令和2年度 歯科医師卒後臨床研修医 募集要項

 佐賀大学医学部歯科口腔外科学講座では、来春、令和2年度の歯科医師卒後臨床研修医を募集します。ご存知のように、卒後臨床研修医制度に伴い、研修施設と研修医とのマッチングが事前に行われます。入局ご希望の方は、事前の見学と面接試験をお受けいただきますようお願いします。
 口腔外科はもちろんのこと、一般歯科、有病者歯科、デンタルインプラント、再生医療、国際医療ボランティアに興味のある方、英語や体力に自信のある方、明るくて協調性のある方の入局を歓迎します。
 研修希望者は、下記まで事前にご連絡ください。
 E-mailでのお問い合わせをお願いします。

連絡先

〒849-8501
佐賀市鍋島5-1-1
佐賀大学 医学部 歯科口腔外科学講座
TEL:0952-34-2397
E-mail:danjoat@cc.saga-u.ac.jp   担当: 檀上 敦

見学の際に準備するもの

白衣、筆記用具、名札、写真付き履歴書(市販の様式で結構です)

集合場所

佐賀大学医学部構内
歯科口腔外科学講座医局セミナー室(院生棟4F #2474)
午前8:30に集合

見学日

令和元年 7月24日、31日、8月7日、21日(水)を予定しています。
各大学で見学希望者を募ってまとまって見学にお越しください。
日程に関しては、事前に担当者にご確認ください。

募集定員

5名

選抜方法

面接、書類選考とします。下記のものを準備し持参してください。

  1. 履歴書
  2. 成績表
  3. 他薦状(母校の講師以上)
  4. 自薦状A4(1枚以内ワープロ書き)

佐賀大学医学部歯科口腔外科学講座 概要

スタッフ

教室員(教授1名、准教授1名、助教3名、医員5名(2名は救急、麻酔研修))
その他:研修医2名、大学院生3名、歯科技工士1名、歯科衛生士1名
主な出身大学:九州大学、九州歯科大学、長崎大学、福岡歯科大学、朝日大学、明海大学、奥羽大学など

研修内容

一般歯科治療(有病者歯科治療を含む)
外来手術(埋伏智歯抜歯、歯根端切除など)
顎顔面骨折の診断、治療
口腔周囲の炎症に対する診断、治療
顎変形症に対する外科的治療
唇顎口蓋裂に対する外科的治療
良性、悪性腫瘍に対する治療
3D頭蓋顔面模型を用いた手術シミュレーション
顎関節症に対しての保存的、外科的治療

麻酔科研修(約5か月間) 2年目以降の研修
救急部研修(約3か月間) 2年目以降の研修

研究内容

顎顔面領域における再生医療研究
プラズマを用いた新規口腔がん治療の開発
唇顎口蓋裂、顎変形症患者の顎顔面形態の分析
ロボット手術の開発
顎骨再建症例へのインプラントの応用
顎顔面補綴治療へのコンピュータの応用
口腔外科外来手術における不安解消を目的としたVR(仮想現実)の応用

等多数

診療実績

  1. (公社)日本口腔外科学会認定研修施設
  2. (公社)日本口腔インプラント学会認定研修施設
  3. (公社)日本顎顔面インプラント学会認定研修施設
  4. 日本がん治療認定研修施設
  5. 日本口腔腫瘍学会指定研修施設
  6. 日本口腔科学会認定研修施設
  7. 日本顎関節学会認定研修施設

・海外医療支援
 ベトナム・フィリピン・モンゴル等での海外医療援助
 (主に口唇口蓋裂患者の手術)

・診療活動状況

年間初診患者数
約1,700人
年間外来患者延べ数
約11,000人
年間入院患者実数
約280人
配分病床数
14
入院全身麻酔下手術件数
約250例
外来局麻手術件数
約1,000例

身分・待遇など

  1. 国立大学法人の非常勤職員  日給9075円(H31年度実績)研修医手当30000円/月
  2. 社会保険:全国健康保険協会(協会けんぽ)、厚生年金保険適用
  3. 研修期間(2年間)は宿舎の利用が可能です。駐車場有。
    詳細は、佐賀大学財務課資産管理係:0952-28-8137にお問い合わせください。その際、鍋島キャンパスの佐賀大学医学部附属病院研修医宿舎希望とお申し出ください。実際の手続きは、マッチングの結果後に、他の採用手続きのための書類と一緒に手続きを行います。
  4. 当院では、2年目の後期研修を行っております。2年目の研修で救急部や麻酔科をローテーションし、全身管理の研修を行っております。
    採用の際は、2年間の研修期間であることを認識願います。
  5. 通勤:研修医宿舎は病院敷地内ですが、院外研修時は、自家用車が必要になります。宿舎以外に住まれる方は、自家用車での通勤が必須となります。

大学院

2年間の臨床研修後、大学院への入学が可能となります。
詳細は、http://www.saga-u.ac.jp/school/igaku/daigakuin.htmlをご参照ください。