教育体制

EDUCATION

クリニカルラダーシステムで着実にステップアップできるキャリア支援

基本的な考え方

専門職としての看護実践能力を高めるためにクリニカルラダーに基づき集合教育を実施します。各看護単位においては、それぞれの領域に関する事項について学習会を計画しこれを実施します。看護職員はプライマリーナースとして成長できるよう、個人の責任において積極的に院内研修および院外研修に参加し、キャリアアップをはかることを基本としています。

看護部の教育目標

「専門職業人として自律した行動がとれる看護職人の育成」です。そのために院内教育と連動したクリニカルラダーに基づき、ジェネラリストとしてプライマリーナーシングを達成できる力を育みます。もちろんスペシャリストの育成にも力を入れており、院内・院外の研修、専門・認定看護師教育課程、大学院進学などの支援を行っています。

クリニカルラダーシステムで着実にステップアップできるキャリア支援

院外研修

■養成領域
  • ●医療安全研修
  • ●災害派遣医療チーム
■各専門領域
  • ●がん看護
  • ●緩和ケア
  • ●慢性疾患ケア
  • ●急性期疾患ケア
  • ●小児ケア
  • ●母性ケア
■他施設研修
  • ●助産研修
  • ●急性期閉鎖病棟
  • ●訪問看護ステーション 等
■看護管理者研修
  • ●認定管理者教育課程
  • ●ファースト・セカンド・サードレベル

新人教育体制

プライマリーナースとしての成長を支援します。

新人看護師が「安心と信頼を得る一人前のプライマリーナース」に成長できるよう、プリセプター制に加えてキャリアを積んだ新人教育担当者を配置するなど、スタッフ全員でサポートしています。さらに安心してがんばることができるように、職場適応やメンタル面のサポート体制も整えていきます。


新人年間スケジュール

             

           

4APRIL
オリエンテーション
病院・看護部の概要や体制、職員としての心構えを学びます。
集合教育
基礎看護技術(与薬の援助・採血・感染防止)や看護記録、医療安全について学びます。
5MARCHI
集合教育
施設設備研修、基礎看護技術(ME機器の取扱・急変時の看護)を実施します。
6JANE
  • 夜勤業務の開始
  • プライマリナースとして患者さんを受け持ちます。
  • 前期評価
  • 集合教育 基礎看護技術(輸血)を実施します。
  • カウンセリング(1回目)
  • 夏季休暇(6月~7月の間に取得)
11NOVEMBER
中期評価
集合教育
看護過程(看護倫理)を実施します。
12DECEMBER
集合教育
プライマリナースとしての事例展開の研修を実施します
1JANUARY カウンセリング(2回目)
2FEBRUARY
集合教育
基礎看護技術(静脈注射:翼状針)を実施します

後期評価

  • 多職種合同演習:医療安全

  • シリンジポンプの取り扱い

  • 緊急時の対応

  • 感染防止

看護職員院内研修

目的

一人ひとりの患者にとって最善のケアを提供できる

目標

  • 1.倫理的感受性を磨き、患者の尊厳や権利を守ることができる
  • 2.プライマリーナースとして論理的思考に基づいた看護を提供できる
  • 3.教育的役割をとおして指導する・教える力を高めることができる

TOP
Top