先輩の声

VOICE

先輩たちの声

宮﨑 葉月

血液腫瘍内科

常に自分で考え、行動できる看護師に。

一番の近くの目標は、次のステップであるレベルIIの申請や、来年からはじまるプリセプターとして恥ずかしくない看護師になること。そのためにこれまでの自分の看護を振り返り、常に自分で考え、行動できるように取り組んでいます。

山口 紋佳

手術部

自律した看護とともに新人のサポートも実践。

自律した看護ができる、プリセプターの役割を担えるといった、レベルIIの看護師に求められる責任を果たせるように毎日頑張っています。レベルIIを取得するために努力した日々は、自信にも大きくつながりました!

横尾 美香

脳神経外科・神経内科

リーダーシップを発揮し、病棟運営や教育に参加。

日勤のリーダーとして、病棟で働く仲間たちがスムーズに看護をできるように業務の管理しています。また、新人教育担当として時には自分の看護観を伝えながら、プリセプティたちへの教育的・精神的支援も行っています。

冨永 久美子

心臓血管外科・循環器内科

看護師として人間として、大きな成長を実感。

レベルIVの取得を通して、チーム内で自分の役割を果たすこと、そして私個人だけでなく、病棟全体を考えて行動しなければいけないことを強く意識するようになりました。看護師として人間として、大きな成長を実感しています。

TOP
Top