血液・腫瘍内科

概要

 佐賀大学医学部附属病院血液・腫瘍内科は各種の貧血をはじめとして血液のがんといわれる白血病や悪性リンパ腫などの悪性血液疾患、出血傾向や血栓傾向を生じる病気まで、いろいろな血液疾患の診断や治療を行っています。
佐賀県の血液疾患患者さんのうち約1/3の方々が当科を受診され、治療を受けられています。これらの方々に対して世界的に認められた標準的治療を行うとともに、難治性疾患に対しては、造血幹細胞移植やサリドマイドのような新しい治療法も提供しています。
 当施設は日本血液学会認定施設・日本輸血学会認定施設であり、日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)のリンパ腫グループの認定施設として、リンパ性腫瘍に対する標準的治療確立のための新しい治療法の検討(臨床治療研究)に取り組んでいます。その他、白血病や悪性リンパ腫、成人T細胞白血病・リンパ腫や多発性骨髄腫などの悪性腫瘍に対する治療についての多施設共同研究にも参加して最新の治療法の提供も可能です。
  また慢性骨髄性白血病の基礎研究および臨床研究も多数行なっており、本分野において日本有数の施設であると自負しております。慢性骨髄性白血病は、非常に有効な薬剤が次々と使用可能となってきました。その使い方次第で非常に治療の差が出てくる疾患です。ぜひ、本疾患でお悩みの患者さんは当科に御相談ください。
 同種造血幹細胞移植についても積極的に取り組んでおり、良好な成績を収めております。また血友病やフォンヴィルブランド病などの出血性疾患や、プロテインC欠乏症などのまれな血栓性疾患では佐賀県におけるセンター的な役割をはたしています。県内の血液疾患診療施設(佐賀県立病院好生館・唐津赤十字病院)とも定期的に情報交換をしながら治療成績向上をめざしています。

取り扱っている主な疾患

急性白血病:急性骨髄性白血病、急性リンパ性白血病
慢性白血病
悪性リンパ腫:非ホジキンリンパ腫、ホジキンリンパ腫
成人T細胞性白血病・リンパ腫
多発性骨髄腫
骨髄異形成症候群
再生不良性貧血
骨髄増殖性疾患:多血症、本態性血小板血症、骨髄線維症など
貧血:自己免疫性溶血性貧血など
特発性血小板減少性紫斑病
造血幹細胞移植:同種造血幹細胞移植、自己末梢血幹細胞移植
凝固異常症:血友病、フォンビルブランド病など

特色

 当科の特徴は、全国標準的医療の実践や最新の治療の導入を行いながら地域密着型の医療の実践を目指す取り組みにあります。当科出身あるいは在籍中の血液疾患専門医が佐賀県および近隣の血液疾患の診療にあたっているほぼ全ての医療機関で働いているために密な情報交換や連携が可能になっています。また、日本臨床腫瘍グループ(JCOG)リンパ腫グループや全国規模の治療研究グループに参加してエビデンス(科学的根拠)に基づいた治療法の確立を目指しています。
現在行っている臨床研究は以下の通りです。
・JCOG0406:対象疾患;未治療マントル細胞リンパ腫
・JCOG 0601:対象疾患;未治療進行期低リスク群のびまん性大細胞型Bリンパ腫
・成人T細胞白血病リンパ腫 (ATL) に対する同種末梢血幹細胞による骨髄非破壊的移植
・NK/T細胞リンパ腫に対するSMILE療法の第II相試験
・リツキシマブ+ステロイド併用悪性リンパ腫治療中のB型肝炎ウイルス再活性化への対策
・多発性骨髄腫に対するボルテゾミブ + デキサメタゾン併用療法
・多発性骨髄腫に対するサリドマイドの有効性・安全性の検討
外来受診から入院および退院後の外来通院まで、患者様と家族の方々、医師、看護師、薬剤師、緩和ケアスタッフなどチームとしての医療の継続を目指して努力してまいります。気軽にスタッフにご相談ください。       

取得した認定学会・施設名

日本血液学会、日本臨床腫瘍学会、日本臨床腫瘍グループ(JCOG)リンパ腫グループ認定施設

取得している各専門医・指導医の数

日本輸血細胞治療学会認定医 3名
日本血液学会専門医 10名
日本臨床腫瘍学会暫定指導医 1名
日本がん治療認定医機構暫定教育医 1名
日本内科学会認定医 12名
がん薬物療法専門医 1名
造血幹細胞移植認定医 2名
消化器内視鏡専門医 1名
佐賀大学医学部附属病院
〒849-8501 佐賀市鍋島五丁目1番1号
TEL : 0952(31)6511(代表)/ 0952(34)3157(時間外)